兵庫県 | 三田市商工会青年部

TEL:079-563-4455受付時間: 平日9:00 〜 17:30

お問い合せ

ネイルサロン&スクール緒々one+(ちょちょワンプラス)~ぶちょうブラリ旅その12~デキル経営者は爪をきれいにしているの巻

IMG_4328

ぶちょうブラリ旅その12

どうも!!三田市商工会青年部ぶちょうでございます!!

お盆休みを取られている方も多いのではないだろうか。

ブラリ旅は年中無休だ!!記事を楽しみにしているファンが待っている限り休むわけにはいかぬのだ!!!

ファンを何よりも大事にするのだ!私はそういう男だ!!

まぁ、ファンがいるかどうかは定かでないが、、、(笑)

 

突然だがみなさんは身だしなみにどれだけ気を付けているだろうか?

オシャレは足元からとよく言いますが、最近は「デキル経営者は爪を磨く」と言われている。細部まで意識、配慮出来ている証拠だということだ

 

ということで、今回のブラリ旅はここだ

緒々oen+

IMG_4279

店名:緒々one+(ちょちょワンプラス)

住所:兵庫県三田市高次1丁目2-11 さくらマンション102

電話:079ー551-1755

インスタ:https://www.instagram.com/chocho_nail/

ネイルスクール:http://chocho-nail.com/

 

着物美女がお出迎えしてくれるネイルサロン&スクールなのです。

 

以前は神戸市北区でサロンをしていたが、今年の7月2日に三田に移転

ネイルスクール

講師の岩城さんはネイルスクールを併設しているほどの爪の専門家

日本ネイリスト協会(JNA)本部認定講師でもあり、三田市近郊で協会認定講師の直接指導を受けられるスクールはここだけだ!

ネイルの基本からサロンワークまで学べるという。。。

爪の健康を守るネイルケアを重視している。爪をきれいにすればいいということではないという何ともきめ細かい気配り。

確かな技術と知識がなければできない。。さすがだ

 

店名の由来

「緒々(ちょちょ)」という変わった名前の由来は

緒=長く続くもの、物事のはじまり

お客様との信頼関係のある繋がりを大切にしたい。それが長く続くように!という想いが込められている。

その想いがより深まるように、繰り返しの意味を持つ「々」をつけたという。

https://ameblo.jp/chocho-nail/entry-12385620917.html

深イイ!!すばらしい!!そんな熱い想いが感じられる記事をご覧ください↑

IMG_4288

IMG_4282

落ち着いた外観に和服でお出迎え。。。

ん??

料亭に来たのかと錯覚してしまう笑笑

いざ入店だ

IMG_4103

中は落ち着きのあるデザインだが、広々としていて開放感がある

IMG_4286

お気づきだろうか、、、、

右奥にそびえたつ超大型トロフィーに

IMG_4287

このトロフィーはオーナーの岩城さんが2017年東京ネイルエキスポ全日本ネイリスト選手権PRO部門 ネイルケアにおいて第2位に輝いた時のものだ。

IMG_4285

日本で2位!!その人が三田に!!!

西日本大会ではなんと第1位!!!

なんという贅沢!!

IMG_4327

受賞後にモデルさんと撮った写真だそうだが、

ヒールと団子ヘアで分かりにくいがトロフィーと伸長がほぼ同じ笑笑

これはトロフィーが大きいと言いたいだけだ!!

け、決して、、、

IMG_4289

笑っているので良しとしよう(笑)

 

さて、

それではさっそく爪をきれいにしていただこう。

IMG_4108

両手を乗せてじっとしているこの感じ、新鮮だ笑笑

私はいつも深づめ気味で、爪のケアなんてしたことないと言ったら、軽く怒られた笑

爪は健康のバロメーター。体の不調は末端からくるらしい、、

 

オーナーの岩城さんは、「爪の健康、手肌のことも。ネイル技術に美容を加えたネイルサロン業界にいままでなかったサービスを提供したい」という想いがある。

仕上がりはこんな感じだ!

いかかがろうか?爪だけでなく手も綺麗になった気がする!!

IMG_4104

爪がピンクっぽいが何も塗っておりません。ちゃんと手入れをするとこうなるらしい。

IMG_4109

パシャリと撮られてしまった笑笑

本人も驚きの変化らしい。こういうのは普段手入れしていない男性の方が顕著に現れるようだ。

 

私にもある変化が♡

IMG_4283

三田市の青年部員は美容系が多くて困る。ブラリ旅が終わるころには女子力がMAXになってしまう笑笑

さて、女子トークに華が咲く前に退散するとしよう。。

 

IMG_4101

岩城さんがお見送りしてくれたのだが、クラブのママ感が半端ない笑

 

面白い経験をさせてもらった。これだから三田市商工会青年部はおもしろい。。

 

次はどこにいこう

 

ぶちょうのブラリ旅はまだまだ続くのであった。。

NEWS 部員紹介 青年部blog

« »

PAGE TOP